チョロい日記

自由に書けと言われた気がしたので自由に書きます

ブランドがテキストに及ぶなら

 「ほぼ日」のアプリが出たらしい。インターネットの成長と共に歴史を歩んできたこのマガジンサイトがついに新しいフェーズに突入した…とは、どこのニュースサイトにも書かれていなかったが、僕はこれを大きな「発明」だと捉えている。

 手帳でお世話になっている手前、糸井重里さんの言葉に多少なりとも心を動かされてきたことは認めざるを得ない。少し過剰で気持ち悪いと感じてしまったら、それこそが彼が築き上げてきたブランドなのだからと、鼻をつまめばよい話だ。

 そんな、僕にとって愛すべき存在の『今日のダーリン』とやらは、今まで、わざわざ「ブックマーク」とか「お気に入り」とかからしか飛ぶことのできないWebサイトベースのものであった。サイト開始以来、今まで一日たりとも休まずに更新されているというのに、このスマホ社会の現代において、ユーザー・インタフェースが最悪であるから、惜しかった。もちろん、Webサイトをホーム画面に登録することは可能であるが、それだと、何か違った。

 こうして、アプリとして、この新聞と対面できるとは思いもよらなかった。気軽に毎日読むことができる。『Togetter』だったりTwitterの『モーメント』だったり『はてなブログ』のTOPだったり、そういう個人発信のユルい記事とかを読むのが日課な僕にとって、そんな仲間がひとり増えるのは、生活の質がかなり向上する。

 

 ところで、このアプリのランダム機能というのが結構ユニークである。下に画面をスワイプしていくと、次から次へとアーカイブ記事が降ってくる。正方形のサムネイル画像一枚をもとに、読みたい記事を探させるという仕掛けもまた良い。 

 試しに、数年前の記事を読んでみる。

 連載とか特集とかは、まず、はじまりのページのようなものが僕らを出迎えてくれる。本音を話せば、実は僕はここがちょっとウッとキテしまう。糸井さんが書いていないにも関わらず、編集スタッフが糸井さんの文体を真似て、興味をひこうとしているところがチョット。どうやら、あの独特な口語体は、糸井さん個人の専売特許ではないみたいだ。

 これが、スタッフの糸井さんへのリスペクトや愛情に起因するものであれば、間違いなくとても素晴らしいことだ。きっとおそらく、そういうことなのだろう。ただ万が一、文体にまで、社内に手厳しいルールが存在しているのであれば…。

 コピーライターの下で働く方々は、何らかのブランドを守るのに必死になる。それは何も、糸井さんだからではない。ひとつひとつの言葉に敏感になるということで、素直な文章を書けない。まあ、洗脳されていたらラクなのかもしれないが…ともあれ、そんな中で生きるのは、大変だなあと思った。