チョロい日記

自由に書けと言われた気がしたので自由に書きます

テキストサイトストーリー、未経験者は語る

 精神状態は悪くない自信がある。少し前の多忙だった頃と比べると、すごく安定した思考判断ができるし、体に何も悪いところはない。楽しいことも辛いことも、バランスよく僕にやってきてくれる。金銭面では相変わらず苦戦を強いられているけど、潔く諦めるようになった(おそらく、正常な感覚に戻っただけ)ので、それはそこまで影響してなさそうだ。交遊費を少し抑えるだけ。

 でも昨日、また急にブログデザインを一新したくなった。正確に言えば、一昨日の深夜から昨日の朝にかけて(そうだ、ちょっと生活リズムは崩れかけているかもしれない)。何かを起こそう・何かを変えようという原動力は、だいたいそんな真夜中にちょうどピークを迎え、そして我慢しきれなくなって、それが正しいかどうかも分からないまま、とりあえず行動を起こしたくなる。部屋の掃除とかデータの整理とか、その一種だと思っている。

 

 苦労してつくったヘッダー画像とかをあっけなく消して、以前よりもさらにシンプルなデザインにした。記事の更新についても、自分の中にある曖昧なガイドラインを数ヶ月ぶりに変更した。「なるべく多く記事を更新する」「自分が思っているよりも、無理して、自分の好きなことを書きまくる」、と。この、後者が難しい。

 とあるブログのとある記事で「PV数とかアフィリエイトとかの誘惑は、いずれブログを単なるライターの仕事に変化させてしまう」という記述を見た。我に返れば、僕は「1記事に1枚は、なにかしらの記事を掲載しよう」とか、更新の際に必ずそういうデザイン性を無意識に考えていたのかもしれない。別に、キュレーション的意味合いのあるサイト運営を目指しているわけではないのに。

 テキストサイト文化、という言葉がある。インターネット黎明期、日常を写真や映像に頼らず、文章のみで見る人を微笑ませよう、というコンセプトが暗黙に共有されていたそうだ。自分は当時まだ幼かったので、つい最近までその文化の存在を知らなかったし、その頃と現代のインターネットは大きく変化しているのも一目瞭然である。でも今だからこそ、あえてそれを少しだけ意識したような、文章芸・文芸的な面白さをブログに見出していきたい、と思ったのである。まるで、アフィリエイト自己啓発推進運動・キュレーションで溢れかえっている(という偏見を起こしやすい)、はてなブログの改革を建前にしたかのような言い草だけれど。

 

 とはいえ先述したように、深夜の発想とはなかなか大胆である。いずれまたオシャレなヘッダー画像を作っているかもしれないし、もしかしたらアフィリエイトに魂を売っているかもしれない。けど、ブログくらいは、気の迷いでどんどん弄っても構わないかなと思っている。ここは「自分が書かなければおそらく誰かが書く日記」を惜しくもリアルタイムで経験できなかった僕が、自由に書いていくブログと決めたのだ。