読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョロい日記

自由に書けと言われた気がしたので自由に書きます

ひさびさのエッセイスト

 新学期になってから、ブログをあと2つ追加で管理することになって、はてなブログにお邪魔することができない今日この頃。それらのサイトは2つとも「Blogger」という、Google管理のフォーマルなブログサイトで、シンプルさがとても良い。凝った機能は特にないし、テンプレートも万人受けのデザインしかない。文章の技が際立つし、ひっそりと書き溜めていけるようで、とても僕に合ってるなと感じる。

 けれど、やっぱりこの古巣「はてなブログ」は、読みたい記事がそこに多い。ユーザーインタフェースに、相互的なコミュニケーションのねらいを感じる。画像を載せることが面倒くさい・できれば文字だけで構成したいと思っている、ブログに対してアナログタイプな僕だけれど、僕自身がこのブログ管理画面を訪れることのメリットは大事にしていきたいのである。管理画面には、サイドバーに自分が読者登録をしたブログサイトが一覧で並んでいる。つまり、読者としてもブログライフを気軽に楽しめるサイトが良いということだ。

 実際、はてなブログのアプリをインストールしても、1回もスマートフォンより更新しようと思ったためしがない。わざわざこのブログの記事を適当に選択して、下にスクロールして、「はてなブログトップへ」のボタンを押して、人気の高い記事を読む。僕にとっては、その行為が一番楽しい。むしろこの点においては、スマホ版アプリのユーザーインタフェースは少し改善してほしいと思っているくらいである。はてなブログの情報の質は、Togetterと同じくらい有益だと思っているからね。

 

 ゴールデンウィークはとても充実していたと思う。バイトは1日と7日、撮影に2日間使って、それ以外は遊び。ほぼプライベートらしいことを2月からしてこなかったような気がするので、コンサートに行ったり、久々に居酒屋に友人を誘ったりしていた。「自ら誘うなんて、レアだよ〜」なんて、自身にプレミアな価値を加えて、いい気になって楽しむ。自由だ。なんでも許されるような気がしてくる。

 

 僕のブログ遍歴からして、だいたいある程度まとまった休みの期間がとれると、アホみたいに更新をしたがる傾向がある。やあやあ久しぶり、なんて言って、しばらく会っていない友達に1から10まで現状報告をするような長い前置きで、伝えたいものなど何もない無機質な文章を原稿に載せていく。まあ、その内容についてはどうでもいい。もはやその、自分の悪い癖についても論じてしまっているから。

 ただ、今日は8日。「サザエさん」も昨日放送され、世間的にはどんよりした曇った雰囲気が垂れ込めている様子が見てとれる。

 それなのに、このように「はてなブログ」に現れるようになった、というのは何かの誤算なのかもしれない。こういう場合は、だいたい現実逃避だったりするけれど、何から僕は逃れたいのだろうか、面白いことにそれすら思い出せない。記憶に関する細胞が都合のいいように動いてくれて、僕をここ1週間くらいはゴールデンウィークの気分にさせ続けてくれる、というのだろうか。

 ・・・思い出した。たぶん、僕が逃げたいのはほぼ日手帳の料金支払いだ・・・。