読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浮遊の正体・2

  原因は不明のまま、仕事が終わった。もはや、しばらく忘れていたといっても間違いではない。でも、終電、同じようにJRに乗車する時、ふとその出来事にある曲のことを重ねたくなって、聴いていた曲がある。ユーミンの『リフレインが叫んでる』。

 先日見に行ったユーミンのツアー「宇宙図書館」では、この曲が披露された。たしか『ひこうき雲』、また、その前数曲、静かな曲が連続したあと、MCをはさんで突然の衝撃的なイントロだった。ライブ全体では、この曲が大きな場面転換を担う大事なシーンでもあると言えよう。

 そしてMCの内容は、本と夢の関係。ベットライトで本を読んでいるとやがて睡魔がやってきて、その本の内容が夢に反映されることがある、といったユーミン経験談である。もっと深く伝えれば、「突然、文字が踊りだし、空中浮遊をする」という感覚らしい。この曲では、その内容をテーマにした映像がバックに投影されていた。

 

 単純に、その演出がとても威力的でカッコ良かったということ、前からこの曲のライブバージョンが好きだったことなどの理由もあるが、それよりも歌詞、もしくは文字単位という深いレベルで、ひとつひとつ噛みしめることのできる、この映像が印象的だった。「どうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう」という文字が踊りだす。それだけなのに、僕は、そこに深い感動を覚えていた。

 

 『リフレインが叫んでる』は曲も歌詞も文学的である、と最近感じるようになった。もしくは、曲と歌詞が深い次元でリンクしていて、それがひとつの大きなテーマとして享受できるということなのかもしれない。

 1番Aメロ「いつか海に降りた あの駐車場にあなたがいたようで」。情景が当たり前のもののように浮かんでくるにもかかわらず、海に降りることのできる駐車場は、日本にひとつしかないそうだ。さらに、ユーミンはそのことを後日リスナーに教えられたとのこと。つまり、題材はユーミンの完全なるイマジネーションの中なのである。

 イマジネーションであるからこそ、曲の主人公、およびそれに自分を重ねるリスナーの感情は、複雑な構造になりやすい。そして、繊細な女性の心持ちを表現させたらピカイチのユーミン。ひとつひとつの言葉は、リスナーの想像以上に几帳面に扱われている。そして、ひとつひとつの音符もコードも同様に、絵の具のように使われていく。

 

 昨日朝の出来事は、『リフレインが叫んでる』が表現した総合芸術に近いものを目の当たりにしたようだった。たとえそれが報告されている「バグ」だったとしても、自分にはドラマチックに見えてしまった。