読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉は誰のもの?

 ぼくの生活ぶりから予想できるかもしれないが、一時期コピーライターとかそういう類の、"言葉で魅せる"職業を目指していた時期があった。「不思議、大好き。」「おいしい生活。」。糸井重里とか仲畑貴志とかそういう偉大なる先人たちの、80年代の独特な言葉づかいに魅力を感じ取ったのだ。渋谷駅地下にポスターが貼られている"コピーライター養成講座"とか、気になっちゃう。

 その思いには純粋に、たくさんの言葉たちをミックスして誰も見たことがない世界を表現したいという欲求もあっただろうし、たくさんの言葉たちを知っていることをより多くの人にアピールできる、という自己顕示欲もあったと思う(もちろん、そんなことを考えているうちは二流であるということに後々気づくのであるが)。

 人気Twitterアカウントとして「Copy writing」というものがある。定期投稿設定をしているのか、手動でツイートをしているのかは分からないが、一定の頻度で心に響く言葉たち・デザインをつぶやいてくれる。誰の言葉か出典名もついているが、それがたまに「2ch」とか「VIP」とか不特定であるのが趣があって面白い。


 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/27/news156.html 

 しかし、以前その「中の人」がインタビューを受けて、その考え方に激怒したネット民がそのアカウントをスパム報告し、アカウント凍結に追い込むという事態が発生した。そもそも、この記事のタイトルの書かれようもひどい。「パクツイで人気を得た「Copy writing」がインタビューを受け炎上 フォロワー数が激減する事態に」である。ネット民には受け入れられていない様子だ。
 そこで、一つ疑問が浮かぶ。言葉、もっと限定すると、コピーに著作権って存在するべきなのだろうか。広告などといった多くの人に伝聞される言葉に、所有権とかあるものなのだろうか。そもそも日本語って誰のものなのだろうか。
 数百年後にはきっと、言葉だけが残る。「誰が言ったか」なんて、重要じゃない。「よみひと知らず」になればいい。
 
 しかし、やっぱりいざ発言者になってみると、「自分が言った」とかは一番大事にしたいところ。パクられたら怒る、"自作自演"に固執するのはいたって普通の感情だと思う。このモヤモヤが、ぼくが文の職業に就くことを、思い留ませるのである。