読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランディング体質

 ブログのレイアウトと、ヘッダー画像部分を変更した。オリジナルのヘッダーデザインを手掛けるのは、何年ぶりになるだろうか。ぼくがまだブログ初心者の頃、そのような機能を知ってから飛びつくように変更し、事あるごとにそれを少しずつ更新していったのを覚えている。もちろん、描画ソフトはPhotoshopではなく、Windowsの「ペイント」の機能。ピクセルレベルの移動を十字キーでできることは知っていたので、大したソフトでもないのにやけにこだわった。

 今回は、デザインテンプレートのデフォルトの色がターコイズブルーに設定されていたため、タイトルの「Episode.」部分はそれに合わせてみた。それだけでは寂しいので、副題とsince部分に加え、少しポップを帯びた月のシルエットを背景に挿入した。いちいち説明するのはナンセンスだが、これは「夜にベッドで一人でこっそり読むのにふさわしいブログを目指したい」という思いを込めている。

 タイトルロゴは、はじめてそのコンテンツに触れる人が雰囲気をつかむために享受する判断材料のひとつだ。フォントに限定する話ではないが、たとえばそのロゴが明朝体であるだけで「シック」「高級感」「堅苦しい」というイメージ、ポップ体であるだけで「若者・子供向け」「親しみやすい」「安っぽい」というイメージを持つようになる。

 

 もちろん、この"アイデンティティを重要視する姿勢"はブログに限らず、メディアに関わるものすべてが意識的に取り組む点である。このようなことを、世間では「ブランディング」と呼ぶらしい。三省堂 大辞林を引いてみれば、

経営販売上の戦略として,ブランドの構築管理を行うこと。会社商品サービスなどについて,他と明確に差別化できる個性イメージ信頼感高級感など)をつくりあげる。 → ブランド 

 と説明されている。理解するにはそこまで難しくない概念だ。

 さて、日常をつらつらと綴る大学生の日記が、経済用語の「ブランディング」を意識し始めたという、なんとも言えない「シュールさ」が、少し感じ取れるだろう。ひょっとするとこれは、ひとつ上の代が「就活解禁」を迎えたことで危機感を感じるあまり、自分自身の売り込みに積極的な体質になってしまったということだろうか。