読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジット

f:id:ss1219:20170214113136j:plain

 ずっと家にいると怠惰な生活をしてしまう、と外に出てみるも、結局経済的理由から行動範囲は徒歩圏内に限られてしまう。こういう時に意外な発見が、とか、意外な出会いが、とかそういうこともあるかもしれないけれど、知っている道しか通らない僕にはそんな運命は舞い降りて来ない。1000円以下のランチ、ご飯ものならいつもの味噌かつ定食の大盛りに落ち着くし、それ以外ならマック。いわゆる「開拓」はする気力が起きない。チャンスを掴みに行くことは、しようとしない精神なのだ。

 だけれど、久しぶりに書店を覗いてみると面白い広告を発見した。どうやら「ショートショート大賞」というものがあるらしい。昨年に引き続き第2回で、締め切りは明日2月15日なんだとか。キャッチコピーは「原稿用紙1枚でも小説だ。」。

 

 僕はこの広告を見た時、「そうだ、この怠惰な生活を小説におさめてやろう」となぜか思った。フリクションの替え芯を買おうとして、税込130円の商品をレジに持って行こうとしたら、見間違いだったのかそれは300円以上で、持ち金じゃ間に合わず恥をかいたこと。味噌かつを食べている時、やけに隣のジジイがこちらを窺ってくること。YouTubeはてなブログばかり見ていて、ついに勉強を始めたと思ったら部屋の整理からはじまること。一日、いや数時間で起きたどんな細かいことでも描写してやろうという意気だった。

 でも、すぐにやめようと思った。たしかに、こうやって人と比べると長文のポエムブログを書く僕なら、原稿用紙を何枚も埋めることなんてたやすいかもしれない。日本語の読みやすさにも、自信がある。でも、やるなら、もうちょっとクオリティをあげたいし、時間をかけたかった。

 

 応募には作者名が必須項目である。自分の名前を冠す時、同時に他人からの評価が連帯する。「お前はそのようなものをコンテスト応募で出してくるのか」、そのような誰かからの視線が怖い。これは僕の性なのかもしれないし、もしかしたらクリエイターとしては当たり前に思うことなのかもしれないけれど、自分の名前がクレジットされることに僕は人一倍敏感なのである。たとえそれが自主制作でも。

 

 とはいえ、来年は、応募を考えてみようかな。別に作家になる、とかそういう野望を抱いているわけではないけれど、文の実力がどれくらいのものなのか誰かに計測してもらいたいというのはあるから。