読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョロい日記

自由に書けと言われた気がしたので自由に書きます

だらけるのが一番いい

 多忙をきわめた研究室生活も終わり、昨日は完全なる「オフ」を過ごすことができた。寝ぼけ眼でスマホの時刻表示を見て「もう4時か!随分寝てしまった」と思ったらまだ朝の4時だったりするのは、なかなか痛快である。いろいろあってバイトに入ることが出来ていないのも、逆に良かったのかもしれない。心の安定にはこれが必要だ。経済的安定はもう欠片も残っていないけれど。

 経済的安定という言葉を書いてなぜか思い出したのは、そろそろ村上春樹の新作が出るということだ。「多崎つくる」の時は、やけに興奮してなんとか第一版を手に入れようと書店を回った。今思えば、将来売り飛ばすためにとかそんなことを考えているわけでもなく、ただのコレクター癖の延長だったと思う。

 今回もそんなことをするのかな、なんて自分に問いかけてみたところで、まず、その前の段階で跳ね返されることは分かりきっている。そうだ、今の僕にはお金がなかったんだ。やっぱり、Amazonで定価以上の値がついたSuchmosの新譜を買ってしまったのがよくなかったのかもしれない。いや、その前に買ったSHUREのイヤホンも、もしかしたら時期尚早だったのかもしれない。

 

 そんな時、僕にいつでも優しくしてくれたのはテレビという無料の娯楽だった。最近はおおむねスマートフォンだが、少し気分を変えてという意味合いもあって、リモコンを持ってみたくなる。TVerが登場したおかげで、だいたい僕の見たい番組は僕のスマートフォン上に収納されているわけだが、連続ドラマを今から見始めようという気分になるのは、不思議と、録り溜めてあったBDレコーダーだけだ。

 そんなわけで、昨日は遅ればせながらドラマ『カルテット』を見た。ネットの有識者たちのあいだで話題になっているらしい。脚本がいい、とか。椎名林檎が提供した楽曲がいい、とか。高橋一生がいい、とか。どれも分かる気がする。

 特に最後の「高橋一生がいい」は、強く共感に値する。それは、never young beachの安部氏の兄ということを知ってから僕の贔屓の範囲に入れ始めてるというのもあるかもしれないが、彼は独特の演技が目立つひとだ。ドラマ特有の「間」とかを、どんどん破壊していく感じ。台詞の応酬というか。共演している満島ひかりからも同じ匂いを感じることができるけれど。

 

 4話分を一気に見る、というのは久しぶりの体験だった。「逃げ恥」のときもすれば良かったと思う。最後に"ちゃんと"見たドラマはたしか、2014年の『ロストデイズ』で、これも『カルテット』と同じように、別荘で繰り広げられるシリアスな物語だった。ゆえにこのドラマは、長く続けて見ることが出来そうだ。