読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつてのティーンエイジ

まともな日常

f:id:ss1219:20170131032339j:plain

 インフルエンザになると、途端に暇になる。なんでも今年のインフルっていうのは、感染力が強い割に、熱は微熱。予防接種を受けていると、平熱なこともあるらしい。例年ならば冷えピタを貼り、フリースを何枚も着込んで体を温めて、ウンウン言いながら治すものなのだが、今回は驚くほど早いスピードで治っていった。

 病院では、悪魔のような笑顔で「うん、インフルエンザA型ですね。」と言われたあとイナビルという吸引薬を処方された。これがすごかった。吸引薬なんて飲んだことない僕は、結局薬局のレジで周りの目を気にしながら薬剤師さんと一緒に「公開処方」という形になってしまったのだが、粉末状の気体をチュウチュウ吸うだけで治ってしまうんだから文句は言えない。現代の医療技術には、頭があがらないもんだ。

 現在、僕は何も苦しいところはないのに、仕方なく部屋に引きこもっている状態なのである。いわゆる「自宅待機」というヤツだ。何もやることがない。いや、それはさすがにウソか。鼻水、鼻づまりと戦いながら(今年のインフルはここが厄介なのである)溜まりに溜まった編集業務に向き合っている。

 でも、少し手が空くと「もうちょっと自分の音楽ライフを充実させたいな」とかいう邪念が生まれてくる。気づけば僕は、自分が持っているCDの1枚1枚をMacに次から次へと取り込んでいたのであった。

 f:id:ss1219:20170131032149j:plain

 こうして見ていると、昔の自分はバカみたいにCDを買っていたなあ、と感慨深くなる。コレクションはいっちょまえに初回限定盤とかのみに限定していて、タワーレコードで買うとついてくる特典(ステッカーとか缶バッヂとか)もきちんととってあったりする。

 CDを買わなくなった、のに明確な理由は何もない。フェードアウトという言葉がいちばん似合うだろう。日々のタスクに負われて、というより、大学生活の華やかさに埋もれて、という感覚。『木綿のハンカチーフ』じゃないけど、「都会の絵の具に染まってしまう」が近い。

 でもやはり自分が一番純粋に戻れるっていうのは、音楽を聴いている時なのかもしれないと、取り込んだCDを順番に聴きながら、思う。こんなにアーティストの追っかけに夢中になれたのも、ピアノを習い始めたのも、すべては「音楽が好きだから」なのである。「17才の時に聴いた音楽は、大人になってもずっと聴いている」と誰かが言っていたのを思い出した。17才。思えば、このティーンエイジの頃が、一番自分がCDを買っていた年だった。 

 


Suchmos "MINT" (Official Music Video)

 さきほど、AmazonでSuchmosの新譜を購入した。『STAY TUNE』『MINT』が収録されている『THE KIDS』というアルバムである。

 車のCMソングで一気に話題になった彼らは、自分たちの人気を見くびっていたのか、初回限定盤はどこの店に行っても売り切れていた。油断である。絶対買うと思っていたのに、つい発売日を1週間近く通り越してしまった。昔に比べて、僕がそのような情報に疎くなってしまったということを見事に象徴していると言えるだろう。

 幸い残っていたAmazonは、定価をはるかに超えて5000円以上もした。それでも、見栄を張って特典のステッカー付きの初回限定盤を購入する姿勢は、17才の頃の自分と変わっていない。