読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2円得した、マジ謝謝(めずらしく本日2回目の更新)

まともな日常

f:id:ss1219:20150324211824j:plain

 

前から「いいないいな」と憧れていた手帳が、思わぬところで手に入りました。17時頃、そろそろAndroidからiPhoneに乗り換えを考えていた僕は、携帯電話ショップ(まあ、ドコモなんですが)から出て、あてもなくぶらぶらしていたんです。すると、いつも足繁く通うスーパーの前で、何やら叩き売りのようなものが行われているじゃありませんか。しかもめちゃくちゃ安い。「安売りにはめっぽう弱いワタシ。そろりそろりと…」という訳でもないのですが、そろそろ手帳とか付け始めなきゃなあとちょうど思ってたのは事実です。意識高い系なんで。そう、僕は今まで手帳をつけたことがなかったのですよね。手帳を持たない男はおそらくモテナイし、いろいろな人からおそらく信用されにくいし、ピンクサロンとかにもおそらく入れない、と。いつか「ちゃんとつけなきゃ」と思っていたのです。…とまあ、あまり期待せずに、人気のないようなシュールな手帳ばかり並んでいるのだろうという感じで軽く覗いてみました。運が良かった。そう、この場所はいつもなんか良く分からんアクセサリー(インドの匂いがする)とかが売ってるんですよ。こんなところで出逢えるなんて。

 

「Ne-net」の手帳がそこにはあったんです。どう見ても「都会もどき」なマイホームタウンにどうして、こんな女子大生が好きそうなアイテムが。そしてなんでこんなに安く、売れ残ってるの。2つの意味で、驚いたんです。ニッポンカルチャーの中心地、渋谷、原宿と程よい距離の僕はいつも、「にゃー」のTシャツ1度は着たい、と思うわけですよ。昨年夏、大阪から上京してきた友人と原宿、渋谷をめぐったんですが、彼もNe-netに行ってましたし、何か買ってました(忘れた)。とまあ、そんな田舎モン願望を手軽に叶えてくれそうなのが、この商品で。1点マーク、めちゃくちゃかわいいですよね。あと値段ですかね、即決要素は。こういうのって普通、1500円くらいするじゃないですか。それがなんと、302円(税込)。素晴らしい。

 

なぜこんなに安いのか。どうやら、昨年の9月始まり今年の12月終わりだそうです。なるほど、書ける日数が、今の時期に買う人の多い「4月始まり」よりも結構少ないんですね。うーむ。事情を知って購入を渋ってると「まだ12月まで結構あるじゃないの」と話しかけてくる方が。おばちゃんの店員(と言う感じなのですかね、叩き売りなんで)でした。「アンタ、そんなに早くアタシに歳をとらせないでよ」「これかわいいじゃない。誰に買うの。自分用?いいじゃな〜い」(きっと僕に「彼女です」とハッキリ答えさせたかったのだろうに、残念。本当に僕には彼女はいたことがないのだ)。迫り来るマシンガントーク。僕はその勢いにやられながら、あっけなく、父から書き余りを譲ってもらっていた「ほぼ日」からこの手帳に乗り換えることに決めました。だって厚いの持ちにくそうなんだもの。…ちなみに、このにゃー手帳、値段は「話が面白かったから」という理由でなぜか300円になりました。2円お得。小さな幸福ってこういうことを指すんですかね(苦笑)おばちゃんマジ謝謝。

 

f:id:ss1219:20150324211828j:plain

 

しかし、今まで手帳書いたことない人だっていうの、丸わかりですよね。とりあえず「今日」を記そうかと思ったんですが…黒1色という。「男らしい」と言えばそれまでかもしれませんが、「ネネット使うなら、色マーカーで記入しろよ!」って100人中95人は言いそうですよね(in 原宿)。まあ、これから、このスケジュール帳にどんどん予定を書き込んでいくわけで。充実するといいなあ、学校にしろバイトにしろ遊びにしろ。とりあえず、何も予定がなかった日はすごくさみしくなることが予想されるので、ここの欄に「今日のダジャレ」でも書いてさみしさを紛らわすことにします。付箋とかもテキトーに使っちゃえ。気分は自由帳です。絵、上手くないけど。

 

<追記>「今日のツイート」企画、やめました。まだやってもいないのに、やろうともしていないのに、急に面倒になりました。人間って不思議な生き物ですよね。