読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりにパソコンを開きましたので

いろいろなことが少し一段落したので、久しぶりに書きます。高3生となると、やはり時間をとれないもので。4月よりとうとう塾に通い始めたので、尚更です。スマホは毎日欠かさず使用しているものの、パソコンを開くことは稀になってます(ブログはパソコンで執筆しております)。自分でも、塾は良い環境だし、良い刺激になっているとは思っているので、辞めたいとは思いませんが、不思議ですよ。中学生の頃は、「絶対塾なんて行ってやらない!行ったら負けだ!」と謎の反抗をしてたので。まぁ、"通わざるを得ない"状態だからなんですけど。ちなみに、塾でとっている授業は「小論文」。受験で使わないのに、とは半分くらい思うのですが、小論文の問題は解かなくても、文章力や読解力が必要になる受験方式ですから、半分はノリ気で、毎週取り組んでいます。次元は全く違いますが、こうブログを書くのも、文章を書くのが好きだから、なので。課題は多いし、厳しいけれど、そこまでの苦ではありません、楽しいから。目からウロコなテクニックが授業でバンバン飛び出すので、120分が終わったあとは、賢くなった気がしますね(するだけ)。

それと、英検も受けました。級は高校卒業レベルの能力と言われている、2級。英語が非常に苦手で(学校での英語のグレード別クラスは一番下)、受験を決めたのが約1か月前、そして受験日が定期テスト前の最後の日曜日だったので、とてもハードだったのですが、なんとか一次試験は突破できました。その「なんとか」と言うのも、得点が44点、なんと合格点ピッタシなのです。合格点は満点の6割、毎年、44〜46点くらいで、難易度によって毎回調整されますので、運が悪く「あと1点」で悔し涙を流している自分も、容易に想像できました。本当に嬉しかった。と同時に、前日に練習した過去問の類似問題が出題されたり、試験当日の朝にパラパラ見ていた単語帳の単語が読解のキーワードになったりして、最後まで追い込む精神は本当に大事だなと、痛感した次第でございます。この調子で2次試験も頑張りたいですね。3級を受けた時(小4)、満点だったので、今回も満点を狙おうかなと、一応目標は高く持っています。レベルが違うか。

さて、こんなハードスケジュールから、助けを求めるように、6月はCDを3枚買いました。次の記事では、その3枚について書こうかなと。特に2枚のアルバムは、年末の"2014年私的アルバムランキング"企画(未定)に入りそうなくらいとても良い作品で、読者はおらずとも、書きたくて書きたくて震えるので。