読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佳境

旧ブログ(エキサイト)

期限付きの何か大きい仕事をしなければいけないとき、いつも思うのは自分の計画性の無さだ。テスト勉強にしろ、志望理由書にしろ、ギリギリになってからでないと始動できない。「寝ないでやれば間に合うでしょ」という安易な考えは、常に僕の頭の中を支配している。健康上にも良くないし、社会人になった時にこの癖が出て困ることは間違いないだろう。タチが悪いのが、いままでそのように過ごしていて、大きな失敗や挫折を経験していないことである。それはもちろん、レポートの質の低下を妥協したり、「どうしても」と期限を伸ばしてもらったりはするけれど、それでも一応カタチにはなってしまっているのだ。人によってはこの短所を長所として「終える能力がすごい」とか褒める。されど、自分では納得がいっていない。きっと一般入試なんてしたら、失敗するに決まってるね。親も三者面談で「正攻法じゃ勝てないんだからねえ」ということを平気で言っていた。自分でもそれは分かっているけれど、やはり一般入試の方が精神的にラクなのかななんて、志望理由書作成が佳境を迎えた時、ふと思う。はあ、辛いねえ。AO入試を考えている方、まだ間に合う、一般を視野に入れよう。

 
明日(今日)は僕の部屋にエアコンがきます、ワクワク。最近本当に暑いですね。僕の部屋は毎晩ムシムシで熱帯夜です。この際、この熱を利用して美女たちとパーリナイしたいなあ。あの映画みたいに、あのドラマみたいに、情熱的に汗をかいて抱き合いたいという欲は、いつもどこかにあるんです。まあ、その前に朝ランニング習慣を始めなきゃ。大学生になるにしてもならないにしても、容姿は第一印象だから、大切だと思う。こんなデブのままじゃ美女たちとパーリナイなんて夢のまた夢だからね。できたとしても、自分が醜すぎて見てられない。そして、きちんとした生活リズムを組み立てることは、その1日を以前よりもさらに充実したものにすることができると思う。先生によく早寝早起なめるなよ、と言われている、「朝8時に勉強机に座っているのが理想」なんだって…まあ、思うだけなんだけれど。思うだけなら簡単。ほら、この更新も深夜3時1分。そろそろ、おやすみ?