読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールデンウィーク最終日なう。それはとても悲しい事だ。

旧ブログ(FC2)

只今最終日を迎えているゴールデンウィークは、巷で話題になっている、すき家の「ソースやきそば牛丼」(炭水化物のオンパレードわっしょい)や、スターバックスの新作「チョコレートブラウニー抹茶クリームフラペチーノ」(スタバって無駄に名前長いよな)等を飲み食いする「グルメ歩きウィーク」、つまりGWにしてみたかったのだが、何しろ今年は運が悪いことに、いつもゴールデンウィークの1日延長をしてくれていた、学校の創立記念日が日曜日と重なって、間に学校登校日が入り、前半と後半に分かれてしまったから、ゴールデン感は感じられなかった。数年前、9月あたりに"シルバーウィーク"という連休が存在していたために「最高の年」だったから、"最高があれば最悪もある"ということで、今年は「最悪の年」と呼ぶのにふさわしいのかもしれない。いや、今年はどうやら土日月の3連休が10回もあるらしいから、もしかしたらこれから沢山の幸せな時間が待っているのかもしれない(月曜の部活日と重なって部活回数が少なくなってしまうのは残念だが)。そうだ、ポジティブスィンキング。さぁ早く記事を書き終えて、宿題をやろうか。

DSC02874.jpg

まぁカレンダーを毎日好き好んで見ているわけでもない、一介の高校2年生の連休予報なんて聞きたくないだろ、んなわけで、一応サラッと今年のGWについて振り返り、記録に残しておこうと思う。あっ、といっても、4/27〜4/29について全くと言っていいほど忘れてしまったため、後半の5/3〜5/6についての記憶だけしか脳内に残っていないし、ある友人みたいに京都に家族で旅行に行ったりするわけでもないため、特筆すべき件、ブログネタになるような題材は、結局どこにも見つからなかったんだ。絶望。「大体GWがなんだ!カップルといちゃつく日か、クソ野郎!」なんて非リア充思考にはなりたくないものの、休日まで誰かと行動したくない、一人が好きな性格ではあるものの、少し寂しい気分にはなってくる。……あ、そういえばひとつあった。至福の時間だった、SEKAI NO OWARIのフリーライブ。行ってきました、ラゾーナ川崎まで。電車一本、30分くらいで行けたため、そこまで遠くなかったけど、少しハードスケジュールだった。そう感じたのも、特典でポスターが付いてくる、9時からの新曲CD販売列に並ぶため、苦手な"休日の早起き"をこなしたからだ。そして、肝心のライブが開始するのが15時、それまでを観賞場所の場所取りに使うため、数時間の立ちっぱなしを強いられたからだ。まぁポスターも無事に余裕でゲットできたからいいのだけれど、今回で結構な忍耐力がつけられたと思う。ちなみに、販売する側(運営側)から見てみると、この特典効果も手伝って、その日用意されてた初回限定盤は全て売り切れ、その日のオリコンデイリーランキングは、Sexy Zoneを抜いて1位になったそうだ。この手法はかなり商業的でせこくて個人的には好まないが、当人たちはランキングでアイドルに勝ちたかったというのを知っていたため、自分のことのように嬉しい。

DSC02860.jpg

そして、ライブについて。写真を見ても分かるとおり、開始時刻の15時には、すごい人の数だった(写っているのはほんの一部、報道によると動員数は20000人を超えたらしい)。ほとんどは関東、神奈川から少し足を伸ばしてきたファンだったため(ツアーグッズを身につけているため分かる)、「メッカ」(聖地)、いや、もはや「国」と化していたが、クレヨンしんちゃん映画タイアップ効果も手伝ったのか、初見そうな親子連れ、地元のガラが悪そうなヤンキーらしき人までいた。これだけ多いと、快晴っぷりと人の集団熱と熱気で火照ってしまうのではないかと心配だったけれど、日陰のゾーンをゲットして観賞することができたのでその心配も吹っ飛んだ。セットリストは、スターライトパレード、虹色の戦争、ファンタジー、Love the warz、Fight Music、RPG、インスタントラジオの計7曲。同じくGW中に開催された名古屋、大阪でのフリーライブとはセットリストがそれぞれ違い、それらを比較してみたところ、個人的にラゾーナ川崎のセットリストが一番お気に入りだったため、ちょっと得をした気分だ。そして今日の予定は、午前は1000円カットで伸びすぎた髪を切り、午後は横浜に行き、アリを採集する。天候に恵まれた抜群のコンディションなのだが、お目当ての種の個体がいるかどうか分かっていないし、素早く動く小さなアリなため、少し不安である。ゴールデンウィークに突入する前に先生に教えてもらった、面白い作戦が、うまくいくといいのだが。