読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽がたくさんの、幸せな環境。

昨日のキモチワルイ記事の反響は今朝一番からあった(どれだけチェックが早いんですか)。それは、「気持ち悪い記事書くんじゃない」「お前、脳みそ宇宙人に改造されたんじゃない?大丈夫か」というどちらかというと、批判、心配に近いもの。また、「出来事は起こったその日のうちにブログに書きとめておかなければいけない、と書いてあるのに頻繁に更新しないのはなぜか」という鋭い指摘もあった。たしかに今までの記事では後日談になっていることが多い。しょうがない。これからは「毎日更新」とまではいかないが、頻繁に更新していこう。ということで今日の更新は、親戚と一緒にイタリアンレストランでバジルスパゲッティ(大好物)を食べた後だから、胃がオリーブ油とバジルで満たされていて、少し苦しい状態で。頑張る。

DSC08927.jpg

ところで、今日、やっとこれが届いた。GREENDAYの「iUno!」。ワーナーミュージックジャパンから発売されている国内盤よりも輸入盤の方が断然価格が安いので、Amazon…ではなく、なぜか楽天ショップで購入。おかげで発売日の25日に届かなくて、落ち着けなかった(授業中にもそのことばかり考えてしまうほど)が、まあ無事に届いたのでよしとしよう。思えば2月14日のバレンタインデーに、ビリー(ボーカルの人)が「新曲レコーディング中!」とつぶやいていた頃から「アルバム発売くるか!くるか!」と期待していたなぁ。アルバム発売がニュースとして発表されたときからは早くその日にならないか、カウントダウンしていたなぁ。WOWOWサマーソニックの映像も何度も見たなぁ。……うん、とにかく、とても楽しみにしていたのだ。これからじっくり聞いて、大切にしよう。初めてリアルタイムで買った洋楽CDでもあるしね。

DSC08926.jpg

これは、「iUNO!」の次の日に発売された山下達郎さんのベストアルバム。親が「世代」なのか、買っていた。山下さんは今年でデビュー37周年、日本の音楽界の最先端をずっと走り続けてきた、作詞・作曲・編曲・歌・演奏・ミックスを全て一人でしてしまう大天才。僕は結構日本の古い邦楽(70年代〜)が好きで、その世代のアーティストはたくさん聞いているつもりなのだが、山下さんの作品は、恥ずかしながら「クリスマス・イブ」くらいしか知らなかった…ということで聴かせてもらってる。「ヘロン」がお気に入りの曲。

DSC08933.jpg

BUMP OF CHICKENのニューシングル、「firefly」(これも親購入)。ドラマ「息もできない夏」の主題歌(ドラマ自体はもう終わっているが)。2週間くらい前にSCHOOL OF LOCK!(ラジオ番組)で聞いてから密かに「早くCD音質で聞きたい!」と楽しみにしていた。「firefly」は「いかにもBUMP」なアップテンポな曲。カップリングの「ほんとのほんと」は静かなアコギ主体のバラード。お気に入りかも。そしてBUMPのCDには必ず収録される隠しトラックの「play sports」も安定の面白さで良かった。BUMPの隠しトラックは、メンバーたちが完全におふざけで作った面白い曲なので、聴いてみてほしい。「いか」がおすすめ。

DSC08929.jpg

音楽記事で紹介したことがある、「閃光ライオット」出身のピアノロックバンド、WEAVER。CMで流れていた「僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜」に一目惚れし、中2の頃からずっと聞いてた。ずいぶん前から「おねだり」してて、やっと買ってもらえた。おすすめです、WEAVER。

…と、9月は家のCDが数枚増えた月だった(今回紹介した以外にもある)。音楽にあふれた環境は幸せだ。